本稿はEAAFPの「How to contribute to sighting of flags and bands」や「Shorebird Color Flagging Protocol on the East Asian-Australatisn Flyway」
基づき、現時点で得られた、レッグフラッグ等の標識情報を紹介するものです。随時、更新しますのでご了承願います。文責はサイト管理人にあります。
 
1993年、釧路で行われた第5回ラムサール条約締結国会議以降アジア大陸の特に東端から大陸の多くの場所で、
シギ・チドリ類の生息地が急速に失われている現状が明らかにされました。保全戦略として、鳥たちの渡りのルートに
ついて観察情報をできるだけたくさん集めるため、研究者たちがシギ・チドリ類の鳥たちの足につけてきた小さな旗
(レッグフラッグ)を利用しています。 
標識(フラッグ)の付いたシギチドリをみつけたら
 
●シギ・チドリたちを見つけよう。
 干潟や、河原、田んぼなどの水辺(湿地)で、シギ・チドリの仲間の鳥を見つけてください。石や砂と同じような色で、目立たない鳥です。夏は、多くが北極圏で繁殖します。冬は南へ過ごし、南半球に行くものも多くいます。往復2万5千キロもの距離を毎年旅するものもいます。旅立つ前には脂肪をつけ、丸々と太って飛び立った鳥は、ぎすぎすにやせて日本に到着します。  
  ■守るためには、データが必要。
 鳥たちとその生息地の保護に大切なデータは2種類です。ひとつは、各生息地でいつ、どんな鳥が何羽という数のデータ、もうひとつは、どの生息地からどこを通ってどこの繁殖地または非繁殖(越冬)地にという移動のデータです。   
     
 ●湿地・干潟を守ろう。
 日本の湿地・干潟はこの鳥たちにとって燃料を補給する重要な中継地、採餌の場所です。日本の大都市の多くは海に面し、豊かな干潟のある湾に作られました。
 戦後、干潟はどんどん埋められ、今はわずかしか残っていません。ストレスの激しい日本の人間にとっても、干潟は心を休める貴重で身近な自然です。魚たちの産卵、養育の場でもあり大きな経済価値があります。  
  ■シギ・チドリたちのレッグフラッグを見つけて。
 保護情報拡大のため、シギ・チドリ類の研究者たちは標識調査の時に、数字を書いた金属足環のほかに、足に旗(レッグフラッグ)をつけ始めています。これは、捕まえた場所がどこかを色の組合せで示すプラスチックの小さな旗です。レッグフラッグは遠くにいる鳥たちでも、双眼鏡や望遠鏡を使えば見ることができます。捕まえなくても鳥たちの移動ルートを知ることができるので、誰でもデータ集めに協力することができます。データの回収率は再捕獲と比べて、5倍から20倍といいます。レッグフラッグを見つけてください。そして情報をよせてください。   

 
Colour Flagging Regions in the EastAsian-Australatian Flyway
東アジア・オーストラリア地域のシギ・チドリの飛行ルートと標識地域  
 
 
 
シギチドリの標識調査に用いられる標識  flags and bands
  金属製足環(メタルバンド)

アルミまたはステンレスで個々の識別番号が書かれていますが、昔から行われていた方法で、再捕獲が前提になります。野外で読み取ることは困難でしょう。日本の場合、右のように刻印されています。落鳥で発見した場合は、できるだけ収して下さい。 
  プラスチック製足環(カラーバンド)

色のついたプラスチック製の足環(バンド)で、バンドの色や装着時の色の組み合わせ、装着部位(右足・左足・関節の上か下か等)により、個体識別や、標識地、標識時期等の情報を読み取ることが可能になります。大型の鳥の場合、大きなバンドには、フラッグのような文字情報が刻印されている場合もあります。ハクチョウなどの大型の水鳥の首に装着されたものは視認性も良く有効と思われます。
※カラーリングという場合もありますが同義語です。
  レッグフラッグ

プラスチック製の小さな旗のようなタグ。色の組み合わや、装着部位は標識国、標識地によって決められています。1990年ごろから、オーストラリアの研究者により使用され、カラーバンドとともに再捕獲を必要とせず、各種の情報を読み取ることができます。
 最近は、2ないし3文字のアルファベット・数字が個体識別に用いられ、斜めにカットされたものは、国内の標識地を示しているようです。

 Colour Frag Conbinations for Migration Reserch in the East Asian-Australasian Flyway
シギチドリ 標識調査地域別 カラーフラッグの組み合わせ(灰色は金属リング)2016.5.23更新 
 
 made on the basis of Sorebird Color Fragging Protocol on the EAAF 17.Novn 2015 pdf:1.179kb

USA Alaska North Slope  USA Alaska USA  USA Alaska  USA Alaska  USA 
Ikpikpuk River &  North Slope  Western Alaska  North Slope  North Slope  North Alaska 
Prudhoe Bay    Canning River Cape Krusenstern  Barrow  Barrow  Nome 
Markings may be placed on different parts of legs    Markings may be placed on different parts of legs 

   アラスカ州ノーススロープ(北部)・北西部の標識については、2010年冬にデータロガーを右足上部に付けて観察され、2011年の繁殖期に再捕獲され、データロガーを回収の後、再標識・放鳥。2012年春に大阪南港野鳥園で再度、観察されたEEK個体(通称)を例として、イラストを左に揚げてみた。この個体については、後日、アラスカ州のノーススロープIkpikpuk River の標識と判明している。(観察された記事・画像はこちらへ)
 実際の標識はハマシギの場合、左の図のように行われているようだ。本稿で上段に図示した取りつけ部位とは異なり、個体識別のためと思われるカラーリング(YRY)がついているが、今後、異なる部位に標識された場合も、標識地については、緑フラッグに接するカラーリングとのコンビネーションで判断できると思われる。
ロシア ウランゲリ島  ロシア チュコト半島北部 ロシア チュコト半島南部  ロシア チュコト半島南部  ロシア サハリン  ロシア カムチャッカ 
Russia   Russia  Russia  Russia S Chukotka Russia Sakhalin Island Russia Kamchatka
Wrangel Island  N Chukotka  S Chukotka    white may be engraved May use angled flags
in the future
May use angled flags
in the future 
 

 北海道 コムケ湖 北海道 風連湖(春国岱)  宮城県 鳥の海  千葉県 小櫃川  千葉県 谷津干潟  熊本県 荒尾海岸 
 Japan Hokkaido Japan Hokkaido   Japan miyagi  Japan Chiba   Japan Chiba  Japan Kumamoto 
Lake Komuke  Lake Furen(Syunkutai)  Lake Torinoumi  ObitsuRiver  Yatsu tidal flats  Ariake Bay Arao Coast 
    may be engraved       

 
沖縄県 比屋根  台   湾   モンゴル  韓 国(新)    
Japan Okinawa
Taiwan  Mongolia  South Korea  
Hiyagon  may be engraved    Eastern yellow Sea 

中国 香港  中国 鴨綠江 中国 江蘇省 中国 渤海湾 唐山市   中国 渤海湾 滄州市 中国 上海 崇明島(新)
 China Hong Kong China  Yalujang China Jiangsu China Bohai-Bay  China Bohai-Bay  China Shanhai 
Mai po & Inner Deep Bay    may be engraved or Tangshan   Cangzhou Chongming Island NEW 
    carrying other colour bands       both flags on right tibia 

中国 上海 崇明島(旧)  中国 海南・廣西 ベトナム  インドネシア ジャワ・バリ   インドネシア・スマトラ  マレイシア 
China Shanhai  China  Vietnam  Indonesia Indonesia  Malaysia 
Chongming Island OLD  Hainan-Guangxi    Java & Bali  Sumatra  proposed
by mistake used for
bird in Kamchaka,Russia
 

ミャンマー  カンホジア  タイ内湾 タイ半島部   バングラデシュ インド北部 
Myanmar  Cambodia  Gulf of Thailand  Thailand Peninsular  Bangladesh  Nothern India 
    may be engraved  Libon Island    
      may be engraved     

インド南部   シンガポール オーストラリア  オーストラリア   オーストラリア オーストラリア 
Southern India  Singapole  Australia  クィーンズランド州  タスマニア州 Australia  ニューサウスウェールズ州 
    Gulf of Carpentaria  Australia Queensland  Tasmania  Australia 
    may be engraved  may be engraved    New South Wales 
          may be engraved 

 オーストラリア オーストラリア   オーストラリア  オーストラリア オーストラリア  ニュージーランド北島 
南オーストラリア州  ビクトリア州  ノザーンテリトリー(北部準州) 西オーストラリア州・南西部 西オーストラリア州・北部  New Zealand 
Australia  Australia  Australia  Australia  Australia   North Island
South Australia  Victoria  Northern Territory  SW Western Australia  North Western Australia   
may be engraved  may be engraved    may be engraved  may be engraved   

 
ニュージーランド南島   ニュージーランド ニュージーランド 南島  ニュージーランド  ニュージーランド   
New Zealand   USA オーストラリア  New Zealand S Island  New Zealand  New Zealand   
South Island   New Zealand USA  Not engraved:  New Zealand Pied    Variable Oystercatcher
  Australia   may carrying  Oystercatcher   Haematopus unicolor    
may be engraved   Engraved   four other colour bands  Haematopus finschi  Engraved   
    Engraved       

    上のシギチドリの標識・カラーフラッグのイラストは、以下の資料に基づいて作成しました。
 made on the basis East Asian-Australasian Flywaynetwork 
 Shorebird Color Flagging Protocol on the East Asian-Australasian Flyway(2015.11.17更新)
 

 
●フラッグが2枚つけられている場合

ある程度大きな種の場合、左の図のように脛に2枚つけられる場合が多い。左右にかかわらず色の上下の組合せで標識地が読み取れる。

●フラッグはアルファベットや数字が刻印されている場合もある。
●フラッグは斜めにカットされている場合もある。

標識鳥の左右については、鳥を後方から見て、左側の足を左とし、鳥にとっての左足を意味し、膝の関節を境に上( 脛 )・下( 跗蹠 )を記録する。
すべて、左足から右足、上から下に書いていく。
Colours are read from top to bottom, bird'left to the bird's right.

報告の仕方と留意点 
Information to record when you observe a bird
 
左の鳥の場合(まず、鳥の左足の上から読んでいくと) 
read from top to bottom, bird'left to the bird's right. 
左足上 
Upper left 
 緑色フラッグEEK、ライトブルー足環
 green flag EEK, light blue band
左足下 
Lower left 
金属製足環
metal band  
右足上 
Upper right 
何も無し
nothing (or ---)   
右足下
Lower right  
赤、白、黄足環
red,white,yellow band 
 フラッグに文字がなければ 文字なし、斜めカット 
  flag no characters, angled flag
●各部位で良く見えなかった場合は、未確認
  not seen
 
カラーコード 
ブルーまたはダークブルー
blue or dark blue 
グリーンまたはダークグリーン
green or dark green
 
yellow
ペールブルーまたはライトブルー
pale blue or light blue 
ペールグリーンまたはライトグリーン
pale green or light green
 
red
 白
 white
 オレンジ
 orange
 
black
※アメリカでは、dark blue/dark green/ light blue/light greenと表記するようだ。 
 
 
標識がついているシギやチドリを報告する際に必要な情報
Information to record when you observe a marked bird
 observer name    観察者氏名
 email     メールアドレス 
 adress : phone : fax     住所・電話・FAX 
 
 Date of observation     観察年月日 
 Location description    観察場所と状況(都道府県・市町村・地名・環境) 
 Latitude & Longitude     緯度・経度 
     
 Species of the bird      種名 
 Sex (male / female / unknown)     性別:おす/めす/不明 
 Age (adult / juvenile / unknown)     年令:成鳥/幼鳥/不明 
 Plumage (summer, winter,      
 intermediate) 
   羽衣(夏羽・冬羽・換羽中) 
 
 Description of marking     標識の詳細 
 Upper left leg (       )    左足上部 (          )
 Lower left leg (       )    左足下部 (          ) 
 Upper right leg (       )    右足上部 (          )
 Lower right leg (       )     右足下部 (          )
 
 Information about other shorebirds,
 species and number 
   その場所で見られたシギ・チドリ類各種の個体数など
 ※見えなかった部分、不詳な部分については未確認あるいは(?)と記入します。
 ※写真撮影されていて、提供できる場合はその旨も記入します。
 
 
送り先
Contact  Please email your sighting records
日本 Japan  連絡先:茂田良光
〒270-1145 千葉県我孫子市高野山115
山階鳥類研究所 保全研究室(鳥類標識センター)
Tel : 04-7182-1107/Fax : 04-7182-4342

E-mail : shigeta@yamashina.or.jp
 
EAAFP Sience officer  Dr.Judit Szabo science@eaaflyway.net 
オーストラリア
AWSG
Australian Wader Studies Group (website上から入力できます)
report records through the AWSG website.
http://awsg.org.au/wp-content/themes/AWSG/reportform.php
 

Color marking protocols in the EAA Flyway 
他の水鳥の標識
Gruidae cranes  (ツル) 
(last update: 8 Aug 2015)  
 pdf 507kb
Anatidae  swans/geese/ducks ( ハクチョウ ガン カモ)
(last update:6 April 2015)
 pdf 609kb
NASAL SADDLES for Ducks ( カモの嘴に装着された標識)  pdf 144kb
Oriental white stork Japan  ( コウノトリ 豊岡 ) 
(last update:13 Dec 2013)
 pdf 3.667k Japanese
 Laridae gull&terns /spoonbills&ibises /storks/egrets&herons 
( カモメ・アジサシ ヘラサギ・トキ コウノトリ サギ )
(last up date:6 April 2015) 
 pdf 1.079kb
 

 レッグフラッグ個体の観察記録 大阪南港野鳥園 1996-2014年
Shorebirds with color markings Osaka Nankou Bird Sanctuary 1996-2014
 common name  date    upper left leg  lower left leg upper right leg  lower right leg 
ヘラシギ
Spoon-billed sandpiper 
2006/9/9  Chukotoka,Rusiiia   ---- ---  metal band  --- 
ホウロクシギ
Far Eastern Curlew 
1995/3/12  オーストラリア
クイーンズランド
Australia Queensland 
       
キョウジョシギ
Ruddy Turnstone 
2004/5/28  小櫃川  ObitsuRiver
Japan Chiba
white flag  blue flag  ---    metal band 
ソリハシシギ
Terek Sandpiper 
1996/8/6   小櫃川  ObitsuRiver
Japan Chiba
                
 アオアシシギ
Greenshank
 2007/9/8 コムケ湖 Lake Komuke
Japan Hokkaido 
  --- metal band   blue flag blue flag 
コチドリ
Little ringed Plover 
2015/7/20  中国 上海 崇明島(新)
China Chongming Island
 --- ---  black,white flag  --- 
シロチドリ
Kentish Plover 
2009/5/23,6/7 
2010/7/20
unknown    orange frag    metal band 
オグロシギ
Black-tailed Godwit   
 
2001/8/25  風連湖
Lake Furen Japan
 
       

Dunlin North Alaska USA  アメリカ アラスカ ノーススロープのハマシギ 
 common name date  site   upper left leg   lower left leg   upper right leg  lower right leg  
ハマシギ
Dunlin
2008/3/29  unknown  green flag  ---   --- --- 
2008/3/30 Barrow  yellow band,green flag   none red,white band   metal band
2008/4/7  Barrow  none  yellow band,green flag  metal band  green,red,orange band 
2009/3/17  Barrow  yellow band,green flag  none  red,white band  --- 
2009/3/27  unknown  none  yellow,red band   none green flag 
2009/4/4  Barrow   none  green flag, yellow band metal band  yellow,red,green band 
2009/4/4 Barrow  red band,green flag  none  red,light blue band   metal band
 2009/4/11 Barrow  yellow band,green flag   none   red,light blue band  metal band 
2010/3/20  Barrow  yellow band,green flag  ---  paleblue,green,red,white band  metal band 
 2010/3/20 Barrow  metal band  yellow,red,green band  ---  green flag, yellow,red band 
 2011/3/7-4/3 Ikpikpuk River &
Prudhoe Bay
 
green flag EEK,
light blue band 
metal band  geolocator,pajeblue band   none
2011/3/8  unknown     yellow,red,green band   yellow band 
 2011/3/13  Barrow yellow band,green flag    red,paleblue band  metal band 
2012/4/8  Ikpikpuk River &
Prudhoe Bay
 
green flag EEK,
light blue band  
metal band  none  yellow,red,yellow band 

     トウネン 春 spring
Red-necked Stint
 トウネン 秋 Autumn
Red-necked Stint
シロチドリ 
Kentish Plover
キアシシギ
Grey-tailed Tattler 
オオソリハシシギ 
Bar-tailed Godwit
 ロシア
Russia 
 サハリン
Sakhalin
2013/4/20
2013/5/17  
2011/8/15-22       
 カムチャッカ
Kamchatka
  2007/9/27-10/15       
オーストラリア 

Australia       
北部準州 
Northern Territory
2015/5/4           
 西オーストラリア州
北西部
North Western Australia
1999/5/9-10
1999/5/22
2000/5/27
2001/5/10
2003/5/11
2004/5/9
2006/4/30
2007/4/22
 
1996/8/9-10    2003/8/8
2003/8/14
2004/8/6-16
  
2007/4/23 
西オーストラリア州
南部
SW Western Australia 
1998/5/21        
クイーンズランド州
南東部 
Australia Queensland
  2007/9/23       
ヴィクトリア州南部 
Australia Victoria
2003/5/21
2007/4/24
 
2014/4/28(AKB)
2000/8/11.12
2000/8/11.12.14
2000/8/12
2000/8/12-14
2000/8/14
2000/8/17
2006/7/29
2008/8/29
2008/7/29-8/9
 
  1997/8/29  2007/4/23 
2014/4/20
engraved AKB
南オーストラリア州 
South Australia
2001/5/3  200/8/14
2000/8/31
 
     
台湾
Taiwan 
彰化県 大肚渓河口 
Tatu Wildlife Sanctuary
2001/5/12
2001/5/26
2002/5/15
 
2008/8/9
HsinBau,ChangHwa
county
     
台南市
四草野生生物保護区
Sihcao Wildlife Reserve 
2003/4/28
2004/5/18
 
       
台湾東部 宜蘭県
Lanyang River delta? 
2004/5/9         
台北市 關渡自然公園 
Guandu Nature Park?
         
韓国
South Korea  
萬頃江河口
Mankyung Estuary,
Jeonrabuk-Do 
2004/5/15,20
2005/5/1
 
       
全羅北道
群山市オック塩田 
2005/5/13         
中 国
China 
香港マイポ湿地
 China Hong Kong
Mai Po and Inner Deep Bay
2004/5/7         
日本
Japan 
コムケ湖 
Japan Hokkaido
Lake Komuke
2001/5/14
2003/4/30
2011/4/30
 
1997/8/26-30
2000/9/9-11
2006/7/31-8/27
2008/9/7-8
2008/9/27.30
2009/9/12
2009/10/6
 
     
風連湖
Japan Hokkaido
Lake Furen
(Syunkunitai) 
2001/5/11-28
2002/5/15
 
1996/8/17
1997/8/31
1997/9/11.13
1999/8/24-29
2000/9/2-3
&.9-11
2001/8/2
2003/8/2
2005/9/12
2007/8/19
2008/8/14
 
1996/8/6
2003/8/31

2009/3/27 
2001/8/26
2002/5/9.16
2003/4/29
2005/8/21
2006/7/30-8/22
2006/8/25
2007/5/13.18
2008/5/10
 
谷津干潟
Japan Chiba
Yatsu tidal flats
  1996/8/19
2006/8/19
2007/8/12.27.30
&9/7
2010/8/20-9/14
2011/8/15-8/16 
     
小櫃川
Japan CHiba
Obitsu River
1999/4/22
1999/5/23
2000/5/15
2001/5/17
2001/5/22
2005/5/7
2007/5/19 
 
2001/8/3
2003/8/3
2008/8/31
 
2009/3/29    2004/5/28 
有明海 荒尾海岸 
Japan Kumamoto
Ariake Bay Arao Coast
2003/5/14    2005/3/25
2005/4/13.26
2008/3/30
&4/5-8
2008/5/19
2008/7/6
2008/7/15
 
2009/4/11
2009/6/7
2010/4/30
2011/3/24
2012/4/13
2013/3/16
   
山階鳥研のpdf シギチドリのフラッグ調査(海外放鳥) 2014年まで
個人情報の取り扱いについてのお知らせ