大阪南港野鳥園のある大阪南港一帯は、古くは住吉浦と呼ばれ多くの人たちに親しまれていました。同時に豊かな自然に恵まれ、日本でも指折りの渡り鳥の楽園としても良く知られていた所です。 南港一帯はシギやチドリをはじめ、ガンカモ類が渡来し休息し餌を採る、日本における渡り鳥の重要な生息地であったのです。
 
 国際都市大阪の発展とともに埋め立て事業、新しい港湾都市づくりが進行し、大阪南港の様子は大きく移りかわりました。大阪南港野鳥園は港湾関係整備事業の一環として、おもに大阪湾岸一帯に生息する水鳥を中心とした野鳥の保護を目的として設置されたもので、現在は臨港緑地として管理されています。 野鳥の観察の場として、自然に親しみ学ぶ場としてご利用ください。 

 
●野鳥園航空写真
Aerial photograph of
Osaka Nankou Bird Sanctuary
●展望塔から望む大阪湾(大型客船の出港
Osaka Bay & Port of Osaka
 
●展望塔からの夕景(明石海峡大橋と夕日)
Sunset & Akashi-kaikyo Bridge
 
 
●西池(干潮時)
West tidal pool & coastal rocks
●南池(干潮時)
South tidal pool
 
●展望塔
Observatory
 
●さえずりの丘 Hill  
   

●北観察所
North observatry
 
●北池(干潮時の干潟)
North tidal pool & Mud flat
 
●はばたきの丘 Hill 
 
  
 施設概要 1983年 (昭和58) 9月開園 施設面積19.3ha
湿地部 12.8ha  緑地部6.5ha
 観察施設 展望塔 北観察所 南観察所 
 The bird sanctuary was founded in September 1983 with a varied environment including tidal pools,marshland, and smallhills to accommodate as wide arrey of species.
Total surface is 19.3ha. There is 12.8ha of water and 6.5ha of land.

   
  ※ご注意)平成26年4月1日より、会議室、図書室は利用できなくなっています。
   「平成26年4月からのご利用について」大阪市港湾局

■ 名    称   野鳥園臨港緑地(大阪南港野鳥園)   総面積19.3ha
■ 住   所  〒559-0034 大阪市住之江区南港北3-5-30
■ 開園時間  午前9時から午後5時
■ 休園日    毎週水曜日 年末年始12/28-1/4
■ 入場料    無  料  
■ 駐車場    バス2台 普通車20台駐車可(無料)開錠09:00〜施錠17:00 
時間外の入出庫はできません。休園日・年末年始の休業期間は閉鎖しています。